コンピューター断層撮影装置
  プレミアムコンパクトCT revolution ACT

16列32スライス収集のMulti ditector CTです。頭部、胸部、腹部など全身の撮影が可能です。撮影までの準備が簡便で、撮影そのものも高速です。患者様の負担にならない撮影を行えます。







レーザー光源内視鏡システム
  上部消化管用経鼻内視鏡 EG-L580NW

鼻孔から挿入するため5.8mmと非常に細い内視鏡ですが、高精細・高画質です。また、波長の異なる2種類のレーザー光による観察を行い、従来の内視鏡ではわかりにくかった病変も明らかにします。
 一般に経鼻内視鏡は、患者様にとってつらい嘔吐反射を誘発しにくく、経口内視鏡よりも楽な検査を行うことが出来ます。









超音波診断装置
  エコー LOGIQ e

持ち運び可能なエコーで在宅でも検査可能です。カラードップラー、パワードップラー、流速測定など、基本的な機能は全て備っており、主に腹部エコー、頸動脈エコーに用います。







その他
  ・超音波骨密度測定
  ・血圧脈波測定
  ・呼吸機能検査
  ・24時間血圧測定
  ・ホルター心電図